スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11話②

男「おかみ!一晩部屋借りるぞっほら料金だ!釣りはいらん!」
女将「あらあら御手洗さまってば…あら担いでるその子は?」
男「そこでなぁ、ちょっと色々あってな。小さいが上玉だろう!!グファハハハハ!!」
ハヤ「小さい言うなっ!!降ろせ!!早く帰って寝たいんだよー!!(本気)」
男「うるせぇぞガキ」



師匠「あんれー?馬鹿弟子が帰ってこないぞ?」
ヒス「うわぁぁあんししょーさぁあぁあん」
師匠「おぅ彼女どした!さてはハヤテに泣かされたなぁ☆」
ヒス「そうだけどちがぁぁぅ…」
☆☆☆☆☆
師匠「簡単に言うと、あんたのぶつかった下品そうなオヤジに絡まれたところにハヤテが来て助けられるも逆にあいつがラブホに強制連行されたと。」
ヒス「はい……」
師匠「強制連行…ぷwwあいつ暴れなかったの?」
ヒス「たぶん相手の顔がキモすぎてひるんだんじゃないかと…ていうか…心配じゃないんですか!?わたしのせいですけど今ごろハヤテはあんなこんなっ…!
師匠「ああ総受けタイプだよな。でも心配はいらんと思うけど。」
ヒス「え?」
師匠「あいつを誰の弟子だと思ってるんだい?」


ハヤ「にゃー!!!触んなキモォオイ!!」
男「あきらめろガキ。オレはおまえの女のせいで痛い思いしたんだ」
ハヤ「おま!どんだけ痛がりなんだよー!」
男「いいからさっさとこっちに………?!」
ハヤ「半径5メートル以内に近寄るなら、あの壺あたまにぶつける……!」
男「5?!」
ハヤ(……待てよ;ここでそんなことしたら国際問題になりかねないな…)
男「ひぃいいい室内なのに風がぁ~っ」
ハヤ「…3階か。おいおまえ。」
男「はいぃ?!」
ハヤ「オレが死んだら国際問題だからな。覚悟しな」
男「な…なにを?!あ?!ちょっと…?!」

女将「あら御手洗さま!こんなにお部屋ちらかして…仕方ないんですから」
男「室内なのに…竜巻が…」
女将「?さっきの男の子はどうしたんです?」
男「…窓から逃げた……」
女将「ここ3階ですわよ?!あら…この割れてる壺って……」


ハヤ「ぉわぁあああぁあ!!!避けてぇえぇえ!!!」
少女「え?」

ズシャー☆

少女「……いった…」
ハヤ「あああもぅごめんなさい!
少女「………あれ、たしか君…翠花んとこに来た…」
ハヤ(翠花さんの知り合いとは(οдО;)!!)
少女「翠花とは仲良くしてるの?」
ハヤ「んあー…なんつかあっちが一方的に……
少女「僕、翠花は渡さないから!じゃあね」
ハヤ「………?とんないけど」

ヒス「キャァアァアア!!何もされてない?!大丈夫?!
ハヤ「何もされてない!!」
ヒス「このアザは?!ほんとに何もされてない?!」
ハヤ「それクロにやられたやつ(´`)これキョウちゃんといたときにできたやつ(´`)今日は無傷。」
ヒス「ならいいけど……」
ハヤ「………………」
ヒス「てゆうか、やっぱムカつく!翠花さんてムカつく!!!
ハヤ「そいえば、あのひとさー、恋人いるんじゃねーの?」
ヒス「えっいないでしょ。いたらあんな」
ハヤ「なんか。さっき女の子?に宣戦布告された」
ヒス「なによあの人レ○…?!
ハヤ「おまえ翠花さんの話だと口悪くね?;」
翠花「あらあらなんの話ですの?」
ハヤ「いやべつに。」
翠花「あの…」
ハヤ「?」
翠花「うちの店の…壺…割ったの貴方ですか?」
ハヤ「うちの店?壺?」
翠花「そこの…遊廓です」
ハヤ「えっうっそ。割れたの?風で?」
翠花「申し訳ないのですが…弁償していただけます?
ハヤ「………………………………(οдО;)」
師匠「うん、働いて返すしかないな!頑張れよ馬鹿弟子☆」
ヒス「わぁぁなんかごめんなさい~~っ」

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

Trackback

プロフィール

水上なぎさ

Author:水上なぎさ
・高校の頃にノートで描いてたマンガを今サラ文章化して連載中。
・文章能力はない。
・漢字検定は2級を持っている。
・今は頭の中だけ好評連載中。
・主人公のハヤテが最近筋金入りの変態に思えてきてならない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。