スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話

ハヤ「久しぶり。」
クロ「何しにきたの。」
ハヤ「なっなんだよその言い方っ!ちょっといい話してやろーと思ってんのにっ」
クロ「…君のいー話なんてたかがしれてるよ;
ハヤ「……」
クロ「………」
ハヤ「それでさ、このあいだ意識ふっとんでたときに思ったんだけどっ」
クロ(それでさって;)ハヤ「オレなんかプライド高いみたいで泣かないキャラなんだけどー」
クロ(ツンデレ;)
ハヤ「…たまにはプライドとか捨てて泣いたりとか思うこと叫んでみるのって、あんま悪くない」
クロ「………」
ハヤ「いや、なんか、おまえはオレより抱えそうな子だからさ、だから…なんつーか…もう手首切るなよっていうかなんていうか。」
クロ「……ねえ、そんな荷物もってどっか行くの?」
ハヤ「!…ヒスイと外国行くんだーっいいだろっ☆」(※保護者同伴です。)
クロ「ああそう、じゃあ早く行きな。帰ってこなくていーよ
ハヤ「……それだけ?」
クロ「何を期待してたの」
ハヤ「だっておまえヒスイのこと好きなんじゃないの?」
クロ「はあ?
ハヤ「別にいいけど」
クロ「なんなの;」
ハヤ「じゃあもう行くから。」
クロ「あ、待って」
ハヤ「早く行けって言ったクセに。ツンデレかよ。あ、おまえはヤンデレか」
クロ「もうあんまり目立つことしないほうがいい」
ハヤ「え、このあいだのケンちゃん事件のこと?」
クロ「…たぶんそれで博士たちは君の存在に気付いたと思うから…」
ハヤ「下手したらオレも研究所行きかもってこと?」
クロ「………」
ハヤ「…んー…それは困ったな。ま、いーや。オレしばらく外国にいるんで。大丈夫。それに、研究所のこととか、それなりに覚悟してますよ?」
クロ「だといいけど…。忠告はしたからね。好きにしな。」
ハヤ「うん、好きにするさ。」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

水上なぎさ

Author:水上なぎさ
・高校の頃にノートで描いてたマンガを今サラ文章化して連載中。
・文章能力はない。
・漢字検定は2級を持っている。
・今は頭の中だけ好評連載中。
・主人公のハヤテが最近筋金入りの変態に思えてきてならない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。