スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話☆後編

・デリクとカナタが、例の番組の収録には萌え系ファッションで臨むようにハヤテに提案。

・あえなく却下。

・デリ「なんでー!」
・カナ「誰が見てもわかるように、人気や支持率は明らかにあっちが上やで?!少なくともショタコン女性陣くらいは味方につけとかんと・・・!!」
・ハヤ「絶対そんなんじゃなくて、おまえらが着せたがってるだけだろ!?」
・デリ「せっかく可愛い顔してるのにもったいないじゃない。」
・ハヤ「・・・・・・・。(カナタにナンパされた兄に言われたくないな)」

・そういえば、今日はユタが部屋に引きこもってるらしい。
・レイラさんに「オマエノセイダ」と言われたので、ハヤテはひとまず訪ねてみる。
・ノックしても声かけても返事がない。

・ハヤ「うおぉいオレに独り言言わせんじゃねー!オレ何かした?!」
・ユタ「・・・どうしてですか・・・?彼女さんのこと、私、何も知らなかったです。私・・・一人でからまわって馬鹿みたいじゃないですか」
・ハヤ「・・・別に・・・知らなくてもいいんじゃないの?」
・ユタ「・・・!」
・ハヤ「だって・・・ヒスイはもういないし」
・ユタ「え・・・・?それって亡くなったってこと・・・」
・ハヤ「うん。」
・ユタ「でもケンちゃんさんが『会った』って・・・」
・ハヤ「いいよ。話すよ、ちゃんと。ちょっとそんな気分。部屋入っていい?」


そして、ヒスイがもう死んでいることと、自分が賢者の石を錬成してホムンクルスにしちゃったかもしれないということを話す。

・ユタ「あれ?賢者の石・・・作られたんですよね?」
・ハヤ「たぶん」
・ユタ「材料は?!生贄がいるって聞いたことあるんですけど!」
・ハヤ「・・・だからさ、あくまで推測なんだけど、・・・・・オレ本人かも☆・・・?」

しーん・・・・

・ユタ「えええええ!なんであなた生きてるんですかーー!!エイリアン!?」
・ハヤ「エイリアン・・・・?;」
・ユタ(でも・・・もしそれが本当なら下手するとこの人いつ亡くなられてもおかしくないんじゃ・・・!?最近体調悪いのと関係あるかもしれません・・・・ね!?)


・ハヤテが部屋を出たとたん、待ち構えていたカナタに猫耳を装着される。

・ハヤテさん、ついに家出する。




・ケン『あ、もともとはこの勝負の話って僕が思い付いたんじゃないんです。僕のマネージャー兼師匠が言い出したんです。僕たちの師匠たちもライバル同士ですからー・・・』

ガシャン!!

・レー「やっぱりおまえかっ!自分の弟子とあたしの弟子に勝負させようとしてんのは!!」
・カオ「いいじゃないの別に。だって私、あんたとは戦い飽きちゃった。ちょっと弟子対決ってやってみたかっただけよ」
・レー「だけど・・・知ってるだろうけど、ハヤテが免許をとったのは11歳の遊びたい盛りだった。いくら免許を持っていたって18歳まで自分の店は持てないからね。あれから何かと自由研究で料理してるとは思うけど・・・」
・カオ「昨日今日で免許とった私の弟子とはリスクの差がすごいんじゃないかって?」
・レー「うん。」
・カオ「安心しな。うちのケンはね、今日から番組の収録日までスケジュールが詰まってるんだ。要するに、勝負に備える時間はない。」
・レー「えっ・・・」
・カオ「あんたの弟子、「天才」って言われてたワケなんだから、勝負までの残り1週間で充分に当時のカンを取り戻せるんじゃないか?」
・レー「・・・背負うリスクは同じってことか」
・カオ「私は卑怯な勝負は好かないからね。」

・レー「それって来週だよな?」
・カオ「うん、そうだけど」
・レー「あたしたちね、2週間後から1ヶ月くらい大和国に行くんだ!」
・カオ「へぇ!じゃあ浦川温泉に泊まるといいよ!私の実家だから、私の名前で安くなると思うし」
・レー「そっか!ありがとーv大好きvv」



・ヒス(今日こそ・・・!テレビ出るのやめてって言わなくちゃ・・!でもやっぱり現れづらいんだよねえ・・・。)(←やっぱり外をうろうろしてる)


in廃墟☆
・くろ「ねえ、ユーロ。ヒスイって馬鹿だと思わない?」(←内職手伝い中)
・ユー「なんで?」(←内職中。)
・くろ「だって、別に情報なんてなくったって、ボクはあいつのことならなんでも知ってる。」
・ユー「そうなんだ。」(真剣)
・くろ「だいたい、ボクはむやみに外歩けないんだから」
・ユー「ふーん。あ、出来たのそっち置いといてね。」
・くろ「・・・・奴らに思い知らせてやらなくちゃ。闇は一生闇なワケじゃないってね。だから、そのためにも、ジャマな光には消えてもらわなくちゃいけないんだ」
ユー「クロちゃん、上手につくらないなら手伝ってくれなくていいよ」




・ハヤテは無事に師匠のところへたどり着き、勝負までの1週間、技を鍛えなおしたり作戦たてたりとかする。(睡眠時間は1日平均2時間だ!)
・ただ料理するだけじゃつまらない。パフォーマンスも必要だ!!って師匠が言うので、用途別の包丁を用意するのではなく、1丁の包丁を錬金術で形を変えて、それを使おうということに。
・ハヤテは昔、炎系の錬金術の経験があるので、なんとかそれくらいは出来るようになる。




1週間後の勝負・・・。

ハヤテの作品『ナヴァラン(子羊のトマト煮)のバターライス添え』
ケンちゃんの作品『イノシシ肉の合わせカツレツチーズ焼きトマトピラフ添え』

・師匠たち「引き分け?」
・カオ「審査員・・・?」
・レー「本当に試食したのか・・・?」

・・・・その場でケンカを始める師匠たち。

・ハヤ「別にどっちでもいいって気がしてくる。あの人たち見てると・・・」
・ケン「本当にね。僕ももう帰ろうかな。ハヤテもおつかれさま。ごめんね、師匠のせいでいろいろと・・・」
・ハヤ「別に・・・済んだことだしどうでもいいけど。でも、・・・・こんな形だったけどさ、会いに来てくれたのは嬉しかった、よ。」
・ケン「うん、久しぶりに会えてよかったよ。ま、僕は君と違って忙しいからまたしばらく会えないけど、次に会うときには君、155センチくらいにはなってるのかな?」
・ハヤ「・・・・次会うときは180センチだ!!(現152センチ)」


後ろからなんか視線。
振り返っても誰もいない。
なんかヒスイな気がして、ハヤテは一人で確認しに行くことに。


・ヒス(結局テレビでちゃった・・・・。これから何事もなければいいけど)

そんなことを考えながら家路についていると、目の前にハヤテが現れる。

・ハヤ「・・・・・・えっと・・・ヒスイ・・・?」

ヒスイ泣いちゃう。

ハヤテさん慌てて、でもどうしたらいいかもわからず、ヒスイをぎゅーってしてあげる。(いい子!!)
ヒスイに体温がないことにも気づいちゃう。

すぐに我に帰って離しちゃうけどね。

振り返れば廃墟。


・ハヤ「・・・誰かが呼んでる・・・・。」
・ヒス「え・・・・?」


その後、ハヤテは廃墟に引き寄せられるように入っていってしまうのだった・・・・。


END!!
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

第4話(前編)

in病院v

・ローラ「いらっしゃいv初めて?」(セクシーポーズ)
・はやて「なんでマトモな医者いないんですかここはっ!!;;」
・ロー「目をそらすことないじゃないvかわいいわねぇ。こっちいらっしゃいv」
・ハヤ(・・・早く帰りたい・・・)
・ロー「大丈夫よv診察するだけなんだから。だから・・・脱いでv」
・ハヤ「今日は帰りますごめんなさい!!!;;;」
・ロー「あらあら、顔赤いけど大丈夫?熱あるんじゃないの?」(胸強調で覗き込む)
・ハヤ「帰るーーーーー!!!」
・ロー「ダーメvここに来たからにはどこか悪いんでしょう?どうしたの?」
・ハヤ(いきなり医者っぽいセリフ!?)
・ロー「・・・やあね、きっと恋の病ねv私って罪な女v」
・ハヤ「・・・・・・;」
・ロー「やだわぁ、冗談よ。父(オチャノミズ)から少し聞いたわ。最近体調悪い日が多いんですって?」
・ハヤ「うん・・・まあ。」
・ロー「きっと白血病ね。」
・ハヤ「自分が何言ってるかわかってますか?!;」
・ロー「ウソよ、ちゃんと検査してあげるからそこのベッドで横になってて頂戴」
・ハヤ(嫌な予感がするなあ・・・っていうか帰りたいなあ本当。)


・ロー「お・ま・た・せv」
・ハヤ「・・・?!」(横になってるハヤテにまたがるローラ(笑))
・ロー「すぐに済むからね~v」
・ハヤ「えええ!!ちょっと!!!それっ!注射器!?なんで?!注射ヤダよオレ!!だいたい検査じゃないじゃねえかよぅ!!」
・ロー「ちょっとうるさいゾ☆」(ドスッ)(←注射器を突き刺さした音)

キィ・・・

・ユタ「まだ終わりませ・・・・・・?!」(↑の状態を見ちゃうユタ)
・ロー「あら、注射でイッ(逝)ちゃったみたいね、あら、こんな時間。手術の患者さんを待たせているんだったわ。じゃあね、あなた、あとはよろしくねv」
・ユタ「ええっ;」



・とりあえずハヤテが勝手に目を覚ますまで待つことにしたユタ。
・(こんなところには任せておけませんね・・・。早く私が医者にならなくちゃ。)
・ユタは医者の家生まれで、水の錬金術士にはなったものの、医者としての修行はほとんどしてないに等しいのだ。
・(どれくらい時間がかかるんだろう。)
・(そういえばハヤテさんは今度大和国に短期留学って言ってましたね・・・。)
・(わずか11歳で料理士の免許とっちゃったんですもの。あんまりそうは見えないけど、影では努力家なんですよね・・・)
・って、何気なくハヤテの手を見たら、なにやら火傷のあとだらけ。手をとって超見てみたり。
・(気づかなかったなあ・・・・。)

・ハヤ「貴様っ!その女は誰だあああぁあ!!」(起き!!)
・ユタ「きゃ?!」
・ハヤ「・・・・・」
・ユタ「・・・・・」
・ハヤ「・・っ放せっ!」
・ユタ「あっ・・!ごめんなさい・・・」

・ハヤ「・・・いや・・・その・・・ごめん。嫌だったんだけどそういうんじゃなくって・・・」
・ユタ「え・・・?」
・ハヤ「だからっ;えっと・・・見ただろ?オレの手すげーボロボロなの」
・ユタ「・・・・」
・ハヤ「まあ、頑張った証といえばそうなんだけどさ、ちょっとコンプレックスだったり」
・ユタ「そうなんですか・・・」
・ハヤ「あと・・・・身長も・・・コンプレックスだったり。早く伸びる薬つくってよ」
・ユタ「ふふっがんばります」


ジリリリリリ!!!


・ユタ「びっくりした・・・電話ですね」
・ハヤ「病院のだけどユタ出てみろよ。」
・ユタ「えっ!?」

・ユタ「もしもし」
・レイ『あ、ユタ?』
・ユタ「レイラさん!?どうしたんですか?」
・レイ『ハヤテもそっちにいるの?』
・ユタ「いますよー。代わりますか?」
・レイ『代わらなくていいわ。忠告というかなんというかなんだけど、今日は帰ってこない方がよさそうよ』
・ユタ「どういうことですか・・・?」
・レイ『ハヤテのお友達でアイドルの子がいるでしょ。あの子が最近料理士免許を取得したらしくってね、テレビでハヤテと戦いたいって言ったらしいのよ』
・ユタ「・・・家の周りはマスコミでいっぱいですか。」
・レイ『マスコミでいっぱいよ。あ、今6チャンネルで彼が出てるわよ。』

6チャンネル。

・ユタ「・・・・ってことで、今日は帰らないほうがよさそうです」
・ハヤ「オレ免許取ったときは騒がれたけど・・・テレビ出るのは店持ってからって思ってマスコミに顔公表はしてないからなあ・・・。今更こんなことで;」

・ハヤ「・・・ん?ケンちゃんだ。」
・ユタ「ケンって・・・あのYo-Yo-Yoh!のケンちゃんですか?」
・ハヤ「うん。・・・ってケンちゃん何やってんの!!免許取るのは勝手だけどオレに迷惑かけんじゃねえよ!」
・ユタ「あれ、今ケンちゃんが歩いてるこの廊下って」
・ハヤ「・・・なんか見覚えが」
・ユタ「ここって・・・!!」

ガチャ

・ケン「やあ、久しぶりだねハヤテv」
・ケロ「『独占密着スクープ☆』今週は人気アイドルグループYo-Yo-Yoh!のケンちゃんに密着しています!リポーターはケロ・ミドリガワですっ」
・ハヤ「・・・・キターーーーー・・・」
・ケロ「ケンちゃん、本日のゲストはどちらさまですか?紹介お願いしますっ」
・ケン「彼はね、僕の幼馴染みにして
・ハヤ(言うなよ!?オレまだ顔公表してないんだから言うなよ!?)
・ケン「3年前に『わずか11歳で料理士免許を取得した天才少年』って騒がれたハヤテくんですv」
・ハヤ(言っちゃったーーーーー!!バカバカバカバカ!!!)
・ケロ「え」
・スタッフとギャラリーは驚きを隠せずざわつく。3年前に11ってことは今は14?!いやでもしかしそれにしてもちっさくないか?だの気にさわるようなコメントも・・・・(笑)
・ケン「久しぶりvなんか身長縮んだ?あ、なんだ僕の方が伸びたのか。ごめんね、あははは」
・ハヤ「相変わらず無意識に嫌味たっぷりだなおまえ・・・・・」




・テレビ見てるヒスイ。
・ヒス(テレビでちゃった;くろちゃんが観てたらどうすんのよぅ;;殺されちゃうよ・・・)

・レイ「やっぱり名前だけ有名になるっていうのはありえない時代なのかしら」
・カナ「でもさ、よくマスコミもこの3年ほっといたよな・・・。」
・デリ「なつかしいなあケンちゃん・・・昔よく遊んであげたよ。」

・ケン「病院にいるってコトは・・・風邪?馬鹿は風邪ひかないっていうのにね。あはは」
・ハヤ「風邪じゃねーもん!多分・・・・。」

・カナ「しかしすっごいイヤミ野郎やな、ケンちゃんて。」
・レイ「昔っからあんな子なの?」
・デリ「ケンちゃんのイヤミ口調は天然モノだからねー・・・。もはやそれが売りだよね。いっつもハヤテを怒らせて、毎回のごとく泣かせてたのがなつかしいなあ・・・。」
・レイ「え?どっちがどっちを・・・・?」

・ハヤ「ぅあーーーーもう!!相変わらずムカつく奴だな!その勝負受けてたつ!!!」

・ヒス(ええーーーー・・・・;;)

・ケン「僕に勝てる気なの?」

・デリ「何?!何を受けてたったの!?」
・レイ「ケンちゃんがふっかけた料理勝負でしょう!?」
・カナ「ハヤテのやつテレビ出ないって言ってたのに・・!どうしたってその勝負、番組になるやないかーー!!」


・ケロ「受けてたっちゃいましたけど、勝機はあるんですか?」
・ハヤ「天才のオレが負けるわけなくない?年季が違うんだよ年季が。うおぉいケンちゃん、言っておくが一生おまえには勝機は無い!!」

・??(ふーん・・・少しだけど大きくなったじゃないか。っていうか、勝負って、まさか・・・・!!)





・ケロ「はーい!収録終了です!お疲れ様でしたー!」
・ケン「おつかれさまー。」
・ユタ「ハヤテさんもお疲れ様でした・・・;」
・ハヤ「疲れた・・・・」・ケン「あ、ハヤテ。ちょっと聞きたいことあるんだけど。」
・ハヤ「なに?」
・ケン「ヒスイは元気にしてる?」
・ハヤ「!・・・えっと」
・ケン「?」
・ハヤ(そっか・・ケンちゃん引っ越しちゃったから死んじゃったの知らないんだ。ケンちゃんてヒスイのこと好きだったのに言っちゃっていいんだろうか・・・)
・ケン「・・・まあ、この間会ったときは元気だったから今日も元気だろうね。」
・ハヤ「はぃ!?」
・ケン「なんか、3年前に別れたときと全然変わってなくてさー・・・ハヤテくらい成長が遅いって考えてもいいのかな・・・なんて」
・ハヤ「会ったのか?!どこで?!」
・ケン「え・・・?ここらへんだけど。」
・ハヤ「ここらへんって・・・・。ま、いいや。ユタごめん。多分オレ今日中には家帰らないや。」
・ユタ「はいっ?!」

・行っちゃうハヤテ。ユタとケンちゃんは置き去り。

・ユタ「ヒスイさんて・・・どなたですか?」
・ケン「ヒスイは・・・あいつの彼女です。子供なりに付き合ってるみたいですよ」
・ユタ「彼女?!」
・ケン「髪すごく長くて・・・まあ、フツーの子だけど可愛い子ですよ」
・ユタ「・・・そうなんですか・・・。」






そういえばこの辺ってどの辺だろう。
兄さんだけじゃなくてケンちゃんも会ったっていうんだったら本人に間違いは無いと思う。
どこに行けば・・・・
でも会ってどうするんだろう。
だって、兄さんが言ってたみたいにオレがあの時に賢者の石がなんたらだったとしたらヒスイはホムンクルスで・・・

でももう一度会えるんだったら

会いたい。

TO BE CONTINUED・・・

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

水上なぎさ

Author:水上なぎさ
・高校の頃にノートで描いてたマンガを今サラ文章化して連載中。
・文章能力はない。
・漢字検定は2級を持っている。
・今は頭の中だけ好評連載中。
・主人公のハヤテが最近筋金入りの変態に思えてきてならない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。