スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話⑤

ハヤ「~~~っ……!!」
キョ「がんばれ!大丈夫だから!!」
ハヤ「いやだからやっぱ無理!!こんなとこから飛び降りろとか!?死ねって言ってんの?!」
キョ「飛び降りた直後に風をコントロールするの!風に乗るの!そしたら飛べる!」
ハヤ「そんなの人間ワザじゃねぇよ!!」
キョ「それでも俺は人間だもん!!失敗したら俺が受けとめるから!さぁ落ちて!!」
ハヤ「無理だから!!」

レイ「何してるの?あいつら・・・」
カナ「さぁ・・・」
デリ「説明しよう!!

何故か一般の錬金術士よりも発生させる力が強い僕の可愛い風属性の弟

でもまったくコントロールできないドジっ子☆

力を自由に操るピーターパンに出会い、いろいろ教えてもらっている

ってとこだよね!!」

カナ「それは見ればわかるんやけど…なんであいつ急に錬金術とか」
デリ「うちは父親も錬金術士だからねぇ…母さんになんか言われたのかな」
カナ「フツー自分の道決まってる息子に今さら口ださなくね?」
ユタ「ご両親は何されてるんですか?」
デリ「母さんが介護施設で働いててー、父さんはどっかの研究所で錬金術関係の研究してるんだよ」
カナ「へー」
レイ「お父様の錬金術の属性は?あんた炎だし炎系?」
デリ「さぁ…?あの人あんまり家にいなかったからなー。僕は別に父さんに錬金術教わったんじゃないし」
ユタ「独学ですか?わたしは両親とも水系錬金術士だったので教わったんですけど」
レイ「デリクは塾行ってたんでしょ?あたしは錬金術反対な家だったから独学したけど。」
カナ(……)

『こいつ、これから先、父親に会わせないようにして。』

ドガーン!!!

レイ「落ちたわ」
ユタ「落ちましたね。」

ハヤ「……受けとめてくれないじゃねぇかバカー!!!」
キョ「や、勢い良く落ちてくるからつい…よけちゃった☆」
ハヤ「血ヘドを吐いて死ぬがいい!!」
師匠「おーい!ハヤテちょっと!うっかりプリン作る時間なくなったから手伝ってくれー」
ユタ「忙しそうですね…」
カナ「………………」
デリ「?」

キョ「はー、もう暗くなってきたね。でもなぁんで、君は太陽出てる間しか風の錬成できないんだろう」
ハヤ「夜の部分はクロがもってっちゃったんじゃないすか?」
キョ「だれ?」
ハヤ「オレの一部?で猫耳。」
キョ「???」
ハヤ「変なこと聞くんだけどさ、死ぬのって……どんなカンジなのかな」
キョ「え?」
ハヤ「ヒスイに聞くわけにもいかんし…クロにはもっと聞けないし。」
キョ「…そんなの…知ってどうすんの?」
ハヤ「わかんないけど。」

キョ「ってかクロちゃんホムンクルスなんだね」
ハヤ「?!」
キョ「自分で言ったようなもんだったよね?(笑)なんでもいーけど。」
ハヤ「そうだった……(´`)」
キョ「…よっぽどクロちゃん好きなんだねぇ…」
ハヤ「…は?!何よく聞こえなかった!!」
キョ「ヒスイちゃんもクロちゃんも、ちゃんと守ってあげなよ」
ハヤ「……」
キョ「そのために君は、人一倍の錬金術が使えるんだから。」





ユタ「はー!もう大和国が目の前ですよーっ」
カナ「大和撫子大和撫子大和撫子!!」

こうして、一行は大和国に無事に入国したのだった―――。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

第10話④

キョ「あの子たち悪い海賊じゃないんだけどなぁ…」
ハヤ「結局あいつらは何がしたかったんすか」
キョ「あの子たちさ、いろんな船をジャックして楽しんでるだけなんだよ。船ジャックしてー、ちょっと金目なもの持ってく時もあるけど」
ハヤ「…………へぇ;」
キョ「大丈夫、俺が生きてる限りは海の平和は守るからさ☆」
ハヤ「悪いことしないならほうっておけばいいのに。」
キョ「でもあいつらすぐ調子のるから…」
ヒス「そうなの?」
キョ「わっ誰?!」
ハヤ「オレの…連れ?」
キョ「へー、可愛いね。」
ハヤ「先生!ヒスイさんがいきなり殴りかかってきました!!」
ヒス「おまえなんか嫌いだーー(>Д<)!!!」

師匠「おーい、さっきからなんか外が騒がしかったみたいだけど…うわこれ大砲でも当たった?!…何かあったのか?」
ハヤ(ぅゎ…この人ずっと何も知らずに厨房にいたんだ……!?)
師匠「?」

キョ「なんかせっかくのご馳走なのにー。もういいの?」
ハヤ「師匠にからまれると疲れるんだよ」
キョ「お酒は?飲まないの?」
ハヤ「未成年だし……あと眠い」
キョ「あはっ俺も未成年だよ」
ヒス「なんの話~?」
キョ「で、君はホムンクルス?」
ヒス「んー…似たようなものかな」
ハヤ「そいえば錬金術の話だっけね…これ。あー眠い」
キョ「彼女をホムンクルスにしたのは…君なの?」
ハヤ「あんま記憶にないんだけどね、なんかね、そうだって目撃者いるしよ」
キョ「やっぱ、君も空飛べるようになるよ」
ハヤ「なんで」
キョ「さっき海賊団ふっとばしてたじゃん。空は…有り余った能力の捌け口だよ。晴れた空は、俺たち風属性の味方だから。」
ハヤ「空…」
キョ「能力…やっぱ結構ないとホムンクルスとか無理な話みたいだし、まぁよく知らないけどね。」
ハヤ「オレもなんかよく知らんよー…いくら能力値高くてもコントロール全然きかないし…それにオレ料理人だもん。」
キョ「錬金術士じゃないのがもったいないよ」
ハヤ「………………|(-_-)|」
キョ「この船は大和国行きだっけ?俺も乗ってようかな」
ハヤ「なんで?」
キョ「君の能力、コントロールできるように、みっくみくに手伝ってあげる♪」
ハヤ「いや別にいらんだけど」
キョ「海上の暇人ですから」
ユタ「まったくですっっコントロールできるようにしてくださいっ」
レイ「いちいちぶっ倒れられてたら迷惑なのよ」
デリ「ほんとなら1人で海賊団追っ払えたでしょ」
カナ「おまえのせいで俺ら頑張っちゃったやん」
彼女「え~なんの話ぃ~?」
ハヤ「……予想はしてたけどやっぱりみんなだったか…」
カナ「自腹でついてきちゃった」
レイ「お金出したのあたしだけど」
ユタ「ありがとうございますレイラお嬢様゜+。(*′∇`)。+゜」
デリ「そっそれででっ!!ケガしてない!?てゆうかクロ戦のときの傷口開いてない!??」
ハヤ「触んなー!!」

にぎやかな船旅になりそうです。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

第10話③

??「だいじょうぶ?」
ハヤ「……?」
??「あの子たち怒ると手におえなくなるよ。別に悪い海賊じゃないんだけど。あ、そこの後ろに降りるよ。」

ハヤ「……ひ……とんっ……?!?!」
??「ん?飛べるんだよ。俺はね。君だってできるよ。見たところ風属性だろ?」
ハヤ(できないから!)
??「だいじょうぶ。ここからは俺が引き受けたから。休んでてね。」
ハヤ「……全然似てないじゃねぇか…」
??「なにが?俺は海上の暇人キョウちゃん。以後よろしくっではっ」
ハヤ(はー…かっこいい(笑)オレなんかとは似てもつかないじゃないかよ)

キョ「またずいぶんと暴れたねっ大砲ぶちこんでまぁ…」
むち「あっおまえっっいつ着替えたんだっ」
キョ「着替えてないよっこれしか持ってないし」
しち「さらっと問題発言ですわ…」
キョ「君たちの相手は俺だよっ…!!」

みち「発見!!」
ハヤ「マジでかーーっ?!」
キョ「あっ!?」
むち「極限によそ見は禁物さっ!!」
ハヤ「極限にオレも飛べたらいーのにぃー!!逃げられr」
キョ「君も飛べるっ!!」
ハヤ「オレは飛べないっ!!っあー!!前見ろ前ーっっ」
キョ「ぅをぉっ?!」
まち「私が相手くぇーっ」
ぶち「私の獲物だーっ」

しち「おやめなさいふたりともみっともないっ私の獲物ですよ。」

(ここら絵にしたらカオス)

むち「………ふたりいる!」
ゆち「え?」
むち「空と船にひとりずつっ海上のひま人がっっ」
まち「くぇ?」
みち「う゛…お゛ぉい!?どういうことだっ?!」
ぶち「うちらの人違いでしょ?」
しち「どういうことです?ぶちこさん。」
ぶち「空にいるのが本物。船にいるのが偽物。わたし、結構最初から気付いてたけど(・ω・)みんなノリノリだからまぁいっかーって。」
ハヤ「なんにもよくねぇよ慰謝料請求すんぞ!!」
むち「きっきさまオトリ作戦かよーっ」
みち「きっきさま影武者かよーっ」
ハヤ「通りすがりの一般人だよ!!」
キョ「オトリ作戦です!!」
ハヤ「ぇええぇえ?!」
キョ「船襲われたの知ってすぐに来たんだけどさ、なんか似たカンジの子が相手してたからいっかーと思って蔭から見てたんだよねー」
ハヤ「オレはあくまで一般人です」
キョ「ってことできみたちっ!!俺とこの子が手を組んだら最強タッグだよっ!まだやる?マルチバトルいっちゃう?」
ハヤ「………………( -_-)」
ぶち「…くっ!今日のところは退散だよっ」
6人「覚えてるなよーっ!!」

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

第10話②

警備員「こらこら君たちっなんか危ないから子供は自分の部屋に早く戻りなさいっっ警備員がなんとかするから」
ヒス「ってなワケでっわたし戻るからハヤテがなんとかしてよねっ」
ハヤ「ちょ…どんだけぇーっ(;д;)警備員にまかせりゃいーじゃねぇかよー!!」
ゆち「発見っっ」
ハヤ「!!」
ジュオっ

ハヤ(なんかビーム出たー!!頭の花からビーム出たー!!壁溶けたーっ!!)←(゜Д゜;)))ガクブル
ゆち「エディ!!わしの獲物だよっエディは何もしないでよ」
エディ「オレの獲物じゃぃっ」
ゆち「ってまた逃げられたー!」
エディ「待ちやがれーっ!!」
ハヤ(待たないっあんなののせいで死にたくないー!!)
ゆち「あっ」

ハヤ「……っ……う゛お゛ぉい!!なんでこんなとこに階段があるんだあ!!」
ゆち「わしの包丁の餌食になるがいい!!覚ご」

ゴォオオオーッ!!!

ハヤ「ひっ…火ー?!」
エディ「う゛お゛ぉぅええぃ火がついちまったー!!早く消してくれゆちこぉーっ!!」
ゆち「ちっ…!覚えてろーっ」
ハヤ「お…おれなんにもしてないよね??」

外。
ハヤ(なんとかしろったって…何がなんだか。っていうか外に出るまで何にも会わなかったのが逆に怖い…警備員どうしたよ)
「!」

人が降ってくる

ハヤ「ぅひぃっ?!」

スタンっ

むち「ちょっと!」
ハヤ「…………;;;;」
むち「女の子が降ってきたら抱き留めなよ!!避けるなよパズー!!」
ハヤ「ちょっおま何に憧れてんだよっ」
むち「着地失敗して死んでたらどーしてくれんのさっ」
ハヤ「知らないよ!!勝手に死んでよ!!」
むち「なんかやたらムカツく!いつもよりムカツく!!」
ハヤ「いつもってなんだよ人違いだよ!!そうだよ人違いだよ!!」
むち「そんなハズない!その髪の色っ長さ!!逃げ足の速さに身のこなしっ」
ハヤ「う゛お゛ぉい手ぇ放せ!!話をきけー!!」
むち「そして……その生足露出!!」
ハヤ「どこ見てんだ変態ーー!!」

ブワッッ

むち「いったいなぁ!!思いっきりふっとばしやがって!いい気になるなようぃんどあるけみすとぉおーーっ!!」
スパーン!!
ハヤ「鞭キターー!!もぉいやだこの人趣味悪い!!」
むち「むちこながらに鞭ってわかんないのかっ?!待て……って…おい!!なにこれっっちょっいつのまにっ!足に蔦が絡まってんだけど!!うぃんどあるけみすとキサマ何したーっ」

ハヤ(マトモなメンバーはいねーのか?!せめて人の話きーてくれるくらいマトモな奴っ)

屋外プール付近。

くぇーーっ

ハヤ「?」

くぇぇぇーっ

ハヤ「うぇぇぇぇーっ?!」

バシャーン!!

まち「やったクェ!!しかし…」
茶太「カランコローン」
まち「うん、なんで今日は空とばないクェ?いつもなら簡単に避けるクェ。」

…………

ハヤ「ぶぁ…っ…はー…はー…何…すんだよっっ」
まち「私じゃなくて茶太郎クェ。」
茶太「カランコロカラン!!??(`д´)」
まち「くぇくぇくぇ!折り紙カメラ(びーむ)!!水中ではうまく避けきれまいっこれは作戦だったのさ!くぇくぇくぇ!!びぃぃむっっ」
ハヤ「わっ!!」
茶太(無視かよっっ)「カラカラカラカラカラッ」
まち「くぇっ」

バシャー

まち「茶太郎っ!なんでわたしの足元に転がってくるくぇ!!わたしまでプールに落ちたくぇ!!」
茶太「カランッ」

ハヤ(…なんか疲れてきたらテンション下がってきた…。こいつらみんな滅んでしまえばいいよ。)
まち「なっなんか黒いこと考えてりゅ顔してるくぇっ」
ハヤ「滅ぶがいい。」

(いけピカチュウじゅうまんボルト!!)←幻聴
バチバチバチッ…………

ハヤ「?!」
まち「くぇええーっ!!」
ハヤ「さ…さよならっっ」
まち「逃げんなくぇ!!待てーっって足つったくぇ!!それにまだしびれるくえーーっっ」

ハヤ「あと何人かなーd(*ゝ∀;)ていうかオレ特になんにもしてない気がするのはなんでかなー」

ぶち「……みっちゃん」
みち「なに?」
ぶち「あの子さ」
みち「?」
ぶち「やっぱなんでもない」
みち「そろそろオレの出番だねっ」
ぶち「………」

みち「むちこの殺られた今!!頼りになるのはオレだけなり!!いくぜうぃんどあるけみすとぉ!!!」
しち「雑魚はおとなしく見てるのですよ」
ぷす☆
しち「今日のうぃんどあるけみすとはいつもより行動パターンをわかりづらくしているので、強めの薬を調合し、この注射器にいれてあるのですわ」
みち「な…それを仲間にうつ…な………」
しち「次は私が相手ですよっうぃんどあるけみすと!!」
ハヤ「……うっぜぇ…」
しち「はい?」
ハヤ「雑魚は出てくんなっ!!首領だせよ!!ポセイドン編の一輝にいさんみたいな戦い方が好きなんだよ!!」
しち「まぁ…私を雑魚と呼ぶなんてなんて礼儀知らずなのでしょう……」
ハヤ「だまれ雑魚!!首領は…あそこにいる二つ結びか!」
しち「こっこら待ちなさいっっ!!」
ぶち「ウ゛ェルナー(彼氏)……」
しち「きゃっ!!!なんですっ?!いま頭に何かっ……」
ぶち「…ウ゛ェルナー………」
しち「くぅ……っ…なんだか身体がマヒしてっ……」
ぶち「はっ!!しちこ大丈夫?!」
しち「リーダー!前を見るですう!!」
ハヤ「ぉおおおおおっ」
ぶち「!!!」

ズパーン!!!(笑)

つづく。

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

第10話①

むち「で、ね、ボクはむかついてるワケだよ。」
みち「オレもだよ!」
ぶち「ヴェルナー…(*゜ω゜*)」
ゆち「リーダー、今はヴェルナーのこと忘れて」
しち「わたくしこのあいだ怪我させられましたわ」
まち「くぇ!(鳴き声)」
むち「この間で船ジャック邪魔されること6回!!あいつディーゼル海賊団をナメきってる!!」
みち「ま、次こそは」

打倒☆船上のうぃんどあるけみすとぉおーーっ!!!

師匠「船☆だぁー!!」
ヒス「あの…本当にわたし一緒に行っていいの?遊びに行くんじゃなくて短期留学なんでしょ?」
ハヤ(…だってこいつがオレといなかったらオレいない間ずっとクロと一緒ってことになるのがむかつく)

in船…の厨房☆

師匠「すんませーんっ!厨房借りていーですかっいーですよね!!」
ハヤ(厨房ジャック?!)
師匠「見てないでおまえも手伝えーっ」
ハヤ「ひとりでやってくださいよ;;!!」

in甲板。

ヒス「う…カップルばっかり」
彼氏「つーかまーえたっ」
彼女「きゃっ☆うふふふふふっ」
ヒス(いいなぁ…ラブラブで。いいもん、海でも眺めてるしー。)

ハヤ(ったくししょーは目立ちたがりでよぅ( -_-))「ヒスイ」
ヒス「あ…」
ハヤ(せっかく連れてきたのになー…なんか…一緒にいれなくてごめん)
ヒス「あのね?クロちゃんのこと、まだ怒ってる?」
ハヤ「え、怒ってはないよ。嫌いだけども。えぇ大嫌いだけども。」
ヒス「あのね、わたしはね、ふたりには仲良くしててほしいよ。」
ハヤ「無茶だ!」
ヒス「はやっ!でも…クロちゃんはハヤテのこと嫌いじゃないと思うもん」
ハヤ「ないない。嫌いでもない奴の腹にこんな痣つくったりしねーよ普通。しばらく消えないなー慰謝料ほしいなー。あ、あいつ普通じゃないもんな(笑)」
ヒス「クロちゃんはさ、ずっと研究所にいたから…人とふれあうの苦手っていうか」
ハヤ「なんでそんなかばうの?」
ヒス「えっ」
ハヤ「……!ぁぁいやいやいやなんでもないっっ」
ヒス「わたしも研究所にいたから、かも。」
ハヤ「!」
ヒス「わたしは扱いよくされてたみたいだけど…外にも出してもらえたし、キメラの人たちは外出られなかったみたいだよ?」
ハヤ「…それはハカセ…うちのオヤジの考えなワケ?」
ヒス「わかんないけど、でも博士はいい人だったと思う。若いしかっこいいし。」
ハヤ「ふーん……(若いのか…?会ったことないからわからね)」

ザザー……

みち「ターゲット発見!いっくぞー☆」
5人「おう!」

ドォン!!!

ハヤ「ぅわーななにいまの大砲!?<B>こっち狙った?!</B>」
ヒス「わぁぁあぁなにいまのーっ!!」
乗客「船が…船がぁーっ!!」

6人「どっかーん!!!
<B>シュタタタタタタっ</B>
ぶち「ぶちこ!」
むち「むちこ!」
みち「みちこ!」
ゆち「ゆちこ!」
しち「しちこ!」
まち「まちこ!」
6人「われら!泣く子も黙るっ銀河をかけろディーゼル海賊団!!」
むち「そこのおまえーっ!!いっつもうちらの仕事邪魔しやがってー!!」
ぶち「そーだそーだ!!」
みち「今日という今日はいてまうぞワレェ!!」

ひゅう……

まち「…いない」
6人「うぃんどあるけみすとぉおーーっ!!!

ヒス「ぅひぃいいっなんなのあの人たちぃーっ」
ハヤ「知らない知らない!!っていうかいつまでどこまで走んのオレたちっっ」
ヒス「ハヤテに合わせてるからわかんないーっっ」
ハヤ「アホかぁあーっ!!オレはヒスイに合わせてるっつーの!!」
ヒス「ていうかあの人たちおまえのこと狙ってただろ何したんだよ!!
ハヤ「誰おまえ!!オレは何もしてないっ初対面だしっっ変人とは関わらない主義なんだよねっっ」

むち「たぶんそっちに逃げたぞーっ!!」

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

水上なぎさ

Author:水上なぎさ
・高校の頃にノートで描いてたマンガを今サラ文章化して連載中。
・文章能力はない。
・漢字検定は2級を持っている。
・今は頭の中だけ好評連載中。
・主人公のハヤテが最近筋金入りの変態に思えてきてならない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。