スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

ハヤ「ねー雨すごいんだけど!!」
クロ「いちいち来ないでよ」
ハヤ「ここならついでに泊まれるし」
クロ「………」
ハヤ「雨、やみそうにないし。風強いし。帰れない」

クロ「なにかあった?」
ハヤ「………何も。」
クロ「うそ、嵐なのはこのへんだけだよ」
ハヤ「…はぁー…おまえはわかっちゃうから嫌い。じゃー言うけどー…天才って、基準はなんなんだろう…そりゃあまぁ、たしかにオレすごいけど、頑張った結果が天才よわばりですよ」
クロ(………)
ハヤ「マスコミとか…オレのことなんか何も知らないくせに。」
クロ(風が強くなった)
ハヤ「クロ」
クロ「んー?」
ハヤ「いいなぁ、綺麗な手で」
クロ「誰かに何か言われたね。でも、君のと同じだよ」
ハヤ「白いし、傷も、火傷のあともないし」
クロ「白いのは仕方ないけど…」
ハヤ「天才だったらオレの手もそんなだよな」
クロ「天才だったらね。」
ハヤ「………………………ダメだ、おまえにそういう言い方されるとむかつく…」
クロ「雨やんだし帰れ」






☆☆☆☆

ハヤテさんはすぐ「オレ天才だから」とか言うけど、本心じゃないと思う。考えないで喋る子。

☆☆☆☆
ところで、わたしが病んでるからこんなの書いたんだと思うが、なんでわたし病んでるのかがわからないんだ。
スポンサーサイト

大和編⑥の2

美空「…なんか今日、頭痛い…」
桜羅「美空ちゃん顔色悪いもの、今日はお休みいただいたら?」
美空「……なんか…知ってるような…誰かが来る…?みたいな」
桜羅「??」
女将「美空、指名きてるわよ。」

美空(…なんか嫌なカンジすんだよ、今日…。いいかげん疲れたのかな、みやびさんに。いやでもたぶんもう大丈夫だし)

美空「……おまたせしました。」
客「………」
美空(ガン見!)「…とりあえずお茶いれるんで。」
客「………おまえ、ゼロだろ」
美空「え?」
客「こんな外国まで逃げてたとはな…!見つからなかったわけだ。」
美空「…??」
客「とぼけるなよ。おまえは3年前に研究所から逃げ出しただろう!!」
美空「…は?……あー!(クロのことですか)」
客「ったく…!博士はご立腹だぞ!とにかく、おまえは俺が連れて帰る」
美空「う"お"ぉい!!勝手に話すすめんなよ!!まず、それはオレじゃない!」
客「しらばっくれるな!!あれだけ人も殺しておいて!!」
美空「こっ……?!」
客「…まぁいい。とにかく、ゼロ、おまえは連れて帰る。」
美空「………」

(ぃゃぃゃぃゃ…なんかまずい状況だな…だけどクロのふりしちゃった方がよさげかな。あいつ何も言わないからあいつ自身のこともわかんないし。知りたいし)


(髪はいま黒にしてるからいーけど…目の色見られないようにしなくちゃ……あと言葉遣い)

美空「……ボクはおまえなんか覚えてない。誰?」
(なんかまちがえた;;なんかちがう;;;;;)
客「わ…すれた?」


ちがう、嫌だなんか、知ってる

でもオレの記憶じゃない

これは、あいつの………

記憶


ハヤ「…………っ!」
客「忘れるわけないよな?」
ハヤ「や…」

嫌だ こわい

嫌だ嫌だ



椿姫「ちょっとお客様、その子嫌がってるじゃないですか」
ハヤ「…!」
椿姫「うちの店はね、そういうお客さまにはお帰りいただいてるんですが」
客「…だ…だってこいつは」
椿姫「うちの店の娘ですわ。ずっと前からね。」
客「……………ちっ」


ハヤ「ぅわぁあぁあゆうきぃいぃー!!」
椿姫「なんなんだあの客は」
ハヤ「簡単に言えばぁ!!オレの弟の清純うばった奴だ!!死ねばいいのにー!!!」

椿姫「は?!え?!」
ハヤ「あーくそー…クロの記憶のせいで抵抗できないし…」
椿姫「おまえはもう少し話を整理して話すことを覚えてくれ」



客(最後に気付いたが…たしかに瞳の色がゼロと違った。でも教育係だったこの私が間違えるはずは…)

(そうか、さっきのは……)




(噂では聞いていたが……兄の方か………?)







つづいてしまう

大和編⑥の1

女将「雅さん、あなた、今日か明日までに美空ちゃんより稼がないとナンバーワンとられるわよ」
雅「…………………」




ハヤ「!」
優貴「?」
ハヤ「なんかおまえまたこっち見てた?」
優貴「見ないよおまえなんか。」
ハヤ「そっか…」
優貴「…………雅さまかも…」
ハヤ「あっそろそろ来ると思ってた!おまえ、オレの背後は守れよ」
優貴「はぁ?(`・ω・´)」
ハヤ「昨日靴入れに蛇入ってたよ」
優貴「ぅゎ;手が早い」
ハヤ「だからみやびさんの下駄は男子トイレにかくしておいた\(^O^)/言うなよ」
優貴「小学生か!」
ハヤ「次なんかされたら下駄箱にナマコ入れてやるんだぁ」
優貴「やめろ小学生」


師匠「おまえさー、ちょっと休めばー?ヒスイちゃんとどっか行ってこいよー」
ハヤ「行かないっすよ、オカネホシイ」
師匠「おまえカノジョ大事にしろよー?帰るとすぐ寝ちゃうってヒスイちゃん言ってたしー」
ハヤ「彼氏を大事にしろって伝えてください」


雅「はぁ……気に入らないわ、あんな…接客もままならない新入りの何がいいのよ…!!」
ハヤ「だって天才ですから。」
雅「!?」
ハヤ「はやくナンバーワンになってはやく店やめたいんすよ、放っておいてください。」
雅「………やめるの?あんた……」
ハヤ「やめますよ、すぐ。」
雅「………………」
ハヤ「あと、松の間からご指名」

⑤大和編長すぎてあきたぉ

「おい聞いたかよ、すごい美味い酒の肴出す店あるんだってよ」
「ああ知ってる、あそこの遊廓だろ?」
「でもその部屋の子はアレだ、全然触らせてもくれないんだって」
「だけど超可愛いんだろー?」
「一度行ってみるしかないよなー!!」

ハヤ「…………………(・・)」

「そういう新しいタイプが、雅ちゃんとか追い抜いたりしてな。」
「雅ちゃんはずっとナンバーワンだもんなぁ。そろそろ…な。」


優貴「おい」
ハヤ「なに」
優貴「気を付けろよ、雅様がおまえに目つけてるらしい。」
ハヤ「みやびって誰なん(笑)」翠花「あら、ふたりとも仲良くなったのですね、よかった。」
優貴「そういうわけじゃーないんだけど」
ハヤ「この人なんなの」
翠花「優貴あなた仕事は?行かなくていいの?」
ハヤ「仕事?」
優貴「本業は歌舞伎女形なんだよ」
翠花「何年か前に賞をとってから『天才児』って呼ばれてるんですよ」
優貴「っ!!」
ハヤ「あーオレいま余裕ないから観に行かれないな、残念☆」
優貴「来なくていいし!もう行くし!!」
ハヤ「なんだあのツンデレ」
ヒス「ほんとハヤテそっくり」
ハヤ「なんできてんのー」
ヒス「でかけるの!」
ハヤ「えっじゃあオレも」
ヒス「カナタさんに誘われたの!ハヤテは翠花さんとこでおとなしくしてればいーの!」
ハヤ「ちょ!?なんでカナタ兄!?やっぱオレも行くって!危ないから!!」
ヒス「何へんな心配してるのー(笑)」
ハヤ「べ…別に心配してるわけじゃなくて…ただ行きたいだけだよ!!」
ヒス「死ねよおまえほんと」
ハヤ「なんで(´Д`)」
翠花(ほんと優貴そっくり)



ハヤ「こうやってだな、昼に覚えたことを夜に実戦して評判もよい天才がオレなわけなんだけどさ…さすがに体力が……!!」
優貴「こっちだって…昼から舞台でおわってすぐこっち来て評判もよい天才なんだけど…結構きついよな。」
ハヤ「いつになったら返済おわるん?オレは綾崎くんじゃないんですけど」
優貴「ナンバーワンになれば…3日くらいで返せるんじゃないか?」
ハヤ「まじかっ?!えっじゃあ今からオレ本気だすわ」
優貴「ナンバーワンになりたいなら触るくらいさせてやれよ……」
ハヤ「だが断る。」
優貴「知ってたよ…!知ってたけど!!おまえこの仕事なめてんだろ!!」
ハヤ「や、受けキャラとは言われるけどMじゃないから興味ない。あと、エロ本は13歳で卒業してる!」
優貴「…………(´∀`)まるでそれじゃあ俺がMみたいじゃぁないか」


★☆★☆

つづく

恋の話、憧れの種。(ユタ話)

ハヤ「………………はい?」
男性「だからぁー、君この間うちの事務所と契約したでしょー。早速テレビのお仕事はいったんだってー」
ハヤ「???」



カナ「お客さん誰だったん?」
ハヤ「なんか…芸能事務所?オレいつのまにかタレント料理人になってるみたい(´ω`)」
カナ「……あ!!」
ハヤ「なんだよ;」
カナ「こないだ!!おまえずっと起きなかった時!!おもしろそーだから俺が勝手に契約したんだ!!」
ハヤ「ちょwwするなよなー!」





ユタ「あれ、ハヤテさんは?」
カナ「芸能事務所の話断りに行ったー。夕飯までには帰るって。」
ユタ(てゆうか夕食つくるのハヤテさんですよね(笑))
カナ「もったいないよなー、大手の事務所だったし。あいつ顔可愛いから売れるんじゃね?」
ユタ「性格はちょっとワールドイズマインですからね……」

まったくもって自由奔放な小鳥さん。

私はそんなハヤテさんが好き。


ユタ「なんでさっきの話、断っちゃったんですか?」
ハヤ「なんでって…;」
ユタ「もったいないです」
ハヤ「……………うー…ケンちゃんとキャラかぶるの嫌だったからとか。二番煎じは売れないんすよ」
ユタ「え…それだけですか?」
ハヤ「いけない?」
ユタ「いえ…別に…」


ある日突然

ハヤテさんの彼女?が現れた。

これといって可愛いわけじゃないけど、年下で、小さくて可愛い子。

ちょっと勝った!って思ったのはつかの間。
幼なじみカップルに勝てるわけがないと、タッチの時代から決まっているのですorz


レイ「元気ないわね」
ユタ「んなことないですよー」
レイ「今日あの子いないから外食よ!」
ユタ「最近よくいないですよね。」
レイ「やっぱり彼女と一緒にいたいんじゃないのかしら」
カナ(いや、たぶん彼女じゃなくて黒ハヤテに会いに行ってるんやないかと。)
ユタ「…………」

ユタ「…なんか…別に最近寂しいとか思わないんですよ…」
カナ「いないのに慣れたからやん?」
ユタ「ヒスイさんと一緒にいるとことか見ても悔しくないんです。」
レイ「ふっきれたってこと?」
カナ「てゆうか、俺は最初からユタちゃんは恋してないと思ってたけどな」
ユタ「!?」
カナ「ユタちゃんは、あいつに憧れてるだけなんよ」
ユタ「憧れ……ですか?」
カナ「ユタちゃん、水の錬金術極めるって決まったのも最近やろ」
レイ「そうね」
カナ「自分の道がはっきり見えてるあいつに憧れてただけなんだよ、でも自分の道が見えたユタちゃんはもう憧れる必要はなくなったからや。」
ユタ「…そうでしょうか…」

それから私は考えた。

私は前も今もこれからも

友人として、ハヤテさんが大好きです♪


☆★☆★☆★☆★

ハヤ「クロあいつマジでうんこだと思う^^」
ユタ(やっぱもうただの弟にしかみえない)
プロフィール

水上なぎさ

Author:水上なぎさ
・高校の頃にノートで描いてたマンガを今サラ文章化して連載中。
・文章能力はない。
・漢字検定は2級を持っている。
・今は頭の中だけ好評連載中。
・主人公のハヤテが最近筋金入りの変態に思えてきてならない。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。